忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01

スパムコメントが多すぎてメンタル記事が更新できない

ここ数年海外からのスパムコメントが多くて体調のことに関する記事が更新しにくくなっている。何年も前の記事にどしどし送ってくるから記事を削除したり非公開にしたり拒否設定にしたりしているもののイタチごっこになっている。
個人の対処では限界な感じがする。
どのワードに引っかかっているのか分からないけど、メンタル失調や睡眠薬の減薬について書くとスパムコメントがつく感じだ。
薬の名前を日本語で入力しているのにこの有様。
コメントは全て最初は非公開にしてあるから、公開にしない限り誰も被害には合わないのだし、非公開なんだから無視しておけばいいのかもしれないけど、ブログの容量は膨れていっているし、何より気持ち悪いから困る。

PR

メンタル失調について書くとスパムコメントがつく

どうも過去のメンタル失調関連の記事にたいしてスパムコメント(迷惑コメント)がやたら送られてくる。全部英語で書いてあってURLが付いていて向精神薬を買え的なことが書いてあるので全部非公開にしているのだけど、なんとも骨が折れる。
 日本語でブログ書いているのにスパムが付くということは不眠症やうつ病というキーワードにも反応するような仕組みなのだろうか。海外のメンヘラさんは英語で書いているだろうし、対処大変そう。

 とりあえず、アルファベットを含まないようにしてみるくらいの対策しかないけど、メンタル失調関連の更新はまったりいこうと思う。

便秘を快腸に至らしめるためにしたこと

不眠症や自立神経失調症をずるずる悪化させていくなかで、胃腸の調子も随分と悪化してしまった。
慢性的な不眠症になってからは昔のような心地良い眠気もなければ日中の覚醒感もなく、ただずっと頭が麻痺し鎮静化しまともな認知機能を果たせないようになってしまった。
 生物は睡眠を導く眠気という感覚がぐっと高まるから眠れるわけで、その現象は単なる感情や精神論を超えたメラトニンやGABAやプロスタグランジンD2などといった物質(睡眠物質)の働きによって生じている。
 精神の変調は=神経細胞の変調ということになり、その損傷部分が睡眠に関係しているエリアを超えると、うつ病にも統合失調症にも過敏性腸症候群にもつながってくるんだろう。こういった本人に苦痛を伴わせる精神疾患の破損エリアは中枢神経系でも脳の中心の脳幹の視床下部であるらしく、ここが生物の本能や恒常性を担っており、睡眠中枢や摂食中枢や性欲中枢や自律神経中枢や体内時計中枢といったものが隣り合わせで並んでいるという。だから、不眠症になると、不眠と覚醒のリズムだけじゃなくて生体内の24-25時間の周期で生じているサーカディアンリズム全部に影響が起こりやすくなるらしい。
 こうして、今や健全な便意をもたらす知覚をも捉えることができなくなった。頭の中のブレーカーがシャットダウンして気分が悪くなり頭痛や吐き気といった不快感が高まってくると苦しさでトイレに駆け込み用をたす(普段便秘なのに下痢)という残念な消化器系になってしまった。

 そのようなわけで、整腸機能を少しでもまともにするためのノウハウをいくつか試してみた。
◉ヨーグルト:効果は微妙。ヨーグルトは種類が多いけど、いまだにどのヨーグルトが自分にあっているのか不明。ただ、ヨーグルトを摂取しないと完璧便秘なのでなにかしら乳酸菌は必要らしい。
◉ヤクルト:今一つ効果は実感できなかった。妹いわく、ガス(おなら)が出やすい。
◉キムチ:植物性乳酸菌の代表。妹いわく、おならが臭くなる。
◉食物繊維:食物繊維といえば野菜や海藻類なんだけど、トマトは簡単に摂取できるもののたいして効果なし。キャベツが一番安くてポピュラーかと。玉ねぎは最近玉ねぎ氷なんかでも知名度を上げて健康野菜の名声を手にしつつあるらしいけど、妙におならの回数と臭いがキツクなるようであった。
ニラやらっきょうも玉ねぎに類似の効果。
◉チコリの根っこをコーヒー代わりに飲む:これは効いてるのか不明だけど、悪くはない感じ。整腸作用があるらしいとあっちこっちで耳にしたが、それほどではない。
◉タンポポコーヒー:ダンデライオンとも言われるタンポポの根っこ。インスタントものだけど、チコリよりも湿気に弱い。ミロなみに開栓後はスピーディーに飲む必要がある。
◉コーヒー:コーヒーは便秘に効くけど、これによって出た便はいつもピーピーの下痢状態なので、自分の躰はコーヒーを毒か何かだと認識し代謝回路からはじき出されているらしい。
◉プルーン:これも整腸作用があるとよく耳にする。5つくらいヨーグルトに入れて食べるといい感じ。ミキプルーンならもっと良いかも。
◉ガム:昔からガムを噛むとお腹が緩くなる傾向があって、コーヒーと似たような現象を引き起こす。ただ、ひどい便秘の時はコーヒーを飲んでガムも噛んでみても便秘改善効果はみられなかった。
◉炭酸飲料:冷え性や血行障害や疲労を改善させると聞く。毎日飲むと躰が酸化するらしい。便秘には効くときと変化なしの場合があって効果が一定しない。コーラならカフェインが入っているので、理論上は快便になるはずなんだけど、たいして効かない。
◉紅茶・緑茶・ウーロン茶・抹茶など:個人的には紅茶が一番効くような気がするけど、30%くらいかな。
◉プーアール茶:他のお茶よりは良いのかもしれないけども、美味しくないのであんまり飲んでいない。
◉麦茶:カフェインゼロだし、糖分もなくスッキリしていて、54袋も入って200円くらいで買えるのでずっと続けて飲める。ただ、便秘改善効果は不明。
◉ごぼう茶:不味いけど便秘改善になる。ただ、高いのであんまり続けにくい。
◉牛乳:乳製品のラクトースが分解できない体質のモンゴロイドはこの副作用を下剤代わりに用いる。でも自分は分解できる体質らしかった。学校給食でほぼ全員牛乳飲んでいたから最近のモンゴロイドは分解できるように遺伝子が変異したのかもね。
◉アイスクリーム:腸を刺激するから良いような気がしたけど、体を冷やす作用の方が大きくてむしろ便秘悪化した代物。
◉ハーブティー:フェンネルが良いらしい。ハーブティーにはものすごい種類があるけども、全部美味しくないからあんまり飲めていない。
◉漢方薬:不眠症に良いと言われる漢方薬はひと通り飲んでみたものの効果はほとんどなかったので、整腸作用が期待できる漢方薬もどうだか。
◉酢:飲む酢は健康に良いらしい。でも最近酸化と並んで敵視されている糖化というエイジング現象を起こすぶどう糖果糖液糖や果糖ぶどう糖液糖がどうしたことかこの飲む酢には入っている。それを知ってからは快く飲む気になれなくなっている。
◉断食:前に断食を推奨する本を読んだら、朝食を抜くと快便できると書いてあった。でも実践してないから効果は不明。
◉カロリー制限(少食にする):これは便秘になる。


◉腹筋:効果なし。
◉ウォーキング:不明
◉ジョギング:たぶん腸に良い刺激になるので続けると良いらしい。
◉マラソンなど激しい運動:不眠症になってからそんな元気はないのでしていない。
◉外出:場合によっては交感神経が高ぶるので下痢になる。そして、その後ひどい便秘に至る。
◉腹巻きでお腹を温める:温めるのは良いのはわかるけど、これで腸の調子がすっかり整えることはなかった。原因が腸にある人ならバッチリ効くかもしれないけど、司令塔たる脳の場合は効果が薄い。それでも真夏以外は腹巻きしていた方が良いらしい。

Twitter(ツイッター)と社会と自分と

珍しくシャキっとしたタイトルにしてみた。

 ツイッターに関するアンケートを取ってみたところ、日本のネットユーザーの約8割が《ツイッターなんって今はしていない》と回答していて、ツイッターブームもだいぶ退いたのだという印象を受けて少しばかりツイッターを辞めようかとの思いがよぎった。
 ツイッターをしていないと答えた人達はツイッターのことを馬鹿発見器だと呼んでいて”ツイッター凄い、楽しい、ハマる”という視点とは相対的な見地に立っていた。
 確かにアンケート結果はごく正常で日本の一般的社会規範のアイデンティティーを反映しているのだと思う。ツイッターユーザーは殆ど学生と無職とオンラインに繋がった状態で仕事している人の3つに分けられてしまうほどなわけで、学生卒業(就職決定)と同時にツイッターを辞める人はとても多い。つまり、ツイッターをやるには時間や精神的余裕が必要となる。
 ビジネスでツイッターを開始する人以外はツイッターを始めた理由は生活のためであるはずがない。だからツイッターなどしなくても生活には困らない。
 と、まぁ普通はそうなんだろう。
 ただ僕はもう普通じゃないので別にツイッターを辞める理由も無い。ツイッターを断ち人生変えようなどという決意表明を持てるだけの脳の状態に無いので2012年はツイッターの垢を消すことはないのだろう。
 
 以上のことからツイッターは無くても社会は回っていくし、ネットはしてるけどツイッターはしてない人は8割もいる。

 ツイッターを一つの社会として見た場合、その空間は2chとはこれまた相対的に性善説を根本として成り立っている感が漂っている。disるという言葉こそあるものの「もうダメだ、死にたい」「心神喪失してる」などと呟いても「クズ、氏ね」などとリプライ(空リプライ)されることも殆ど無い。むしろ、フォロワーなどは社会的弱者が多いので死にたがりで溢れている。
 よくネットは情報が氾濫し言葉の重みが無いなどと言われる。確かにツイッターではダダ漏れと言われるだけあって意を決して呟かれる言葉は多くないからその表現は完全には否定できない。とても気軽に思考になる前の感覚の段階でつぶやきに文字変換され投稿されるツールなのだ。
 他のどのSNSよりも個々人でコンテンツとの向かい合い方がざっくばらんに富んでいて、とても緩やかな共感の相互フォローの連合で成り立っているんだ。

現代型うつとか新型うつとかじゃないぞ

 最近の日本の若者という輩はなにかと怠け者で会社で労働という他者を助け尊ばれるべき行為をしている時間帯に限り鬱病を引き起こす現象が生じているらしい。
 そういう労働時間にだけ鬱病になる人々を現代型うつだとか新型うつと呼び一般的な大うつと分けて称しているようだ。
 そこで、言っておく、僕は断じてそんな生やさしい新型うつや現代型うつではないっ。

 もちろん労働中(最低賃金のバイト)もうつ状態ではあるが、労働から開放された後も、労働に赴く最中もずっと四六時中うつなのだ。もう脳の中が苦しくて。手も腱鞘炎で痛くて痛くて注射打ってるんだから。

 もう、ヒキニート辞めてからしっかりバイトしだして、そのお金でメンタルクリニックにせっせと通院してメンヘラから脱っしようとしているのに確実に沼にハマっている。OD(オーバードース)とか普通だし、ツイッターでメンヘラのフォロワーがお薬飲むとかODするとか言っててその薬と量見ると、イニシエーションレベルで・・・もうぼかぁ人生終わったって実感する始末だよっ。
 
 はぁ、こうせっせとシナプスの僅かなインパルスから思考を経ずに間髪入れずにタイピングなんかすると脳も手も痛い。バカだ。

 手術だっ!
 脳も手も手術するしか方法が無いっ。
 オペをいしょうよ!

 そう、意思だの信念なんってものはもう僕の中には残っていないというか魂の器そのものが破損して救いようがないのが数年前。それからバイトしだして、お薬ガブガブとありったけもう有り余って医師の処方量越えながらも耐性つけて飲み尽くしても頭は逝かれたのは一層悪化してるんじゃないのかさえ確認できないほどだ。そりゃ肉体を切り離して主観ではなく客観視することなんって誰もできやしないが、脳が苦しいかどうかは過去のメンヘラじゃない不眠症で睡眠薬や人工冬眠薬に頼っても効かなくなるずっと前の普通の人間だったあの頃の自分と比較すれば完璧イカレチャッテる。
 もう普通じゃない。気が触れている。常軌を逸している。正気を失っている。発狂している。キチガイニナッテイル。サーカディアンリズムも体内時計もホメオスタシスもへったくれもない。
 
 抗鬱薬や高精神病薬がダメなら残された手段は手術しかない。
 まだ死なずに20代を乗り越え30代も生き抜き伊藤計劃よりも長生きすることを死後自慢するために。

 しよう手術。来年2012年は手術オンパレードと決めた。ただ、始まりは6月以降にしとこう。プラン的に。

 というわけで、僕は鬱病の原因を社会や家族や生活環境のせいにするような責任感の無い現代型うつや新型うつ病ではなく別の鬱病なのです。

 はぁ何言っているんだろう、バカバカしい疲れた。
 
新着記事
(09/15)
(09/04)
(05/20)
(05/20)
(01/08)