忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
04 2018/05 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 06

α7M3は絶対欲しい

というわけで、だいぶ時間が経ってしまったけどソニーからα7の三代目α7MⅢが発売されたので、凄く欲しい。
一番嬉しいのはαマウントのソニーレンズで像面位相差AFがちゃんと作動するようになったこと。
FEマウントのレンズは高額なのでαマウントのレンズで済ませたいユーザーには嬉しい。
次いで手ぶれ補正が搭載されたのも非常に安定感を向上させてくれるのでありがたい。

他、ついにタッチディスプレイになった。高感度性能が上がった。画質も上がった。バッテリーがスタミナが持つタイプに変わった。操作性が上がった。とほぼ全面的にα7Ⅱの性能を凌駕している。が、液晶モニターのドット数が減っている点は残念。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07B4CVMW3/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=effekomori908-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07B4CVMW3&linkId=12be74a0c330435c3ce03fc1a34cf1c3

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07B49TM91/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=effekomori908-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07B49TM91&linkId=24be7cf37dc8ee97e2ef82672157b979

貧乏人としてはフルサイズミラーレスで手ぶれ補正も搭載された機種で22万円そこそこという値段は決して安くは無い。もちろんフルサイズ機の世界ではリーズナブルなんだけど、他の物と比較すればむしろ高い。なのでまだ買えそうにないのが残念。

PR

α7RⅢについて




ソニーからα7RⅢが発売されていたので。

ついにαマウントアダプターのLAEA3でも像面位相差AFが作動するミラーレスが登場しましたね。
この点が一番嬉しいので、今後ソニーのミラーレス機は全機種そこのところは削らずに継承していって欲しい。
α7RⅢは現在最も魅力的なデジカメに躍り出たけど、完全に高級路線に行ってしまったので買えるわけがない。どうしてソニーはミラーレスも1インチクラスのコンデジも高価なデジカメになってしまったのか。昔は他者よりリーズナブルなのが特徴だったではないか、こんなに高くなっては買い替えれないじゃないか。それともみんなは金銭的にそんなに困ってないということか。
α7Ⅲがα7RⅢの半額以下の値段で発売されるのを首を長くして待つ他ない。
しかし、たぶんそんなことはないけれどその時キヤノン6Dm2の方がお値打ちになっていたらボディ移行するかもしれない。

主な特徴
●画素:42MP
●AF:像面位相差AF399点、コントラストAF425点のファストハイブリッド
●測距輝度範囲-3EV対応
●露出:-3EV対応
●ISO100-32000 、拡張50-102400 常用で32000とな!
●手ぶれ補正5.5段
●質量ボディ単体:572g
●撮影可能枚数:ファインダー約530、液晶モニター約650枚とバッテリーがスタミナ持ち良いのに変わったので撮影可能枚数に余裕ができた。
●タッチ操作対応

というわけで、欠点の無いミラーレスであることが仕様を見てもわかる。あとは、画素数と価格だけ落としたものをα7Ⅱの後継機に据えてもらえれば幸い。

キヤノン フルサイズ一眼レフ6Dm2のメモ

キヤノンから6Dの後継機6DM2が発表されていたのでメモ。
バリアングル液晶でタッチパネル式なのとデュアルピクセルCMOSAFが搭載されたことが大きな進化かな。
他、GPS内蔵、ブルートゥース対応、常用ISO感度40000対応、位相差AFはオールクロス45点。

↓○主なスペック
●画素 約26MP
●ファインダーAF 測距点45
●測距輝度範囲 EV-3から18

●測光の輝度範囲はEV1-20とここは平凡
●常用ISO感度100-40000、最高102400

●多重露光2-9枚
●シャッタースピード最速1/4000秒

●ライブビューAF デュアルピクセルCMOS
●測距輝度範囲 EV-2.5-18
●測光範囲 EV0-20

動画はフルハイビジョンでライブビューの機能とかぶってる感じ(動画には興味が乏しい)

●液晶モニター タッチパネル 3インチ
●質量 約ボディ単体685g バッテリーとSDカードを含めると約765gだけどフルサイズのデジタル一眼レフカメラの中では世界最軽量らしい。
●おおよその撮影可能枚数 ファインダーで1100-1200枚
        ライブビューで340-380枚





-------------------------------
常用ISO感度40000というのがどのくらいの画質を保てるのか、デュアルピクセルAFの精度はファインダーの位相差AFと比較してみてどうなのかというところが気になる。



キヤノンはレンズが充実しているのが羨ましい。しかもリーズナブルだし高品質らしい。

ソニーα9のメモ

ソニーからAFとAE追従した状態での連写20/1秒に対応したフルサイズミラーレスα9が発表されていたのでメモ。
ちゃんとボディ内手ぶれ補正も搭載されていてミラーレス屈指の動体撮影に特化したデジカメに仕上がっている感じ。
撮像素子と内蔵メモリが一体化している(積層型CMOS)のが特徴らしく、そうすることでレスポンスを大幅に向上できるのだとか。
連写後によく起こりがちなブラックアウトのフラストレーションとも無縁だとか。
実際に手に取ったレビューではないので、どのくらい凄いのか凄さは実感できないけど、ソニーのフルサイズミラーレスの中ではトップなのは分かる。
価格がα7RⅡやα7SⅡの30万円強よりも高く現在46万円以上になっているからアマチュアには手が出しにくいかな。



主なスペック↓
○撮像素子:2420万画素。画素数は抑えられているのが個人的に好印象。
○ファインダー:1.3インチ=0.5型 EVF 368万6400ドット
○液晶モニター:3インチでタッチ操作可能、チルト可動式
○シャッタースピード:1/8000-30秒とバルブ。電子シャッターでは1/32000秒に対応
○ISO感度:100-51200、拡張204800
○手ぶれ補正:5軸
○動画は4K対応
○測距点:像面位相差式693点、コントラストAFで25点
○測距輝度範囲EV-3から
○測光範囲もEV-3から
○バッテリーは新しいタイプのNP FZ100
○質量:588g、バッテリーとSDカード込で673g

------------------------------------------
その他のソニーのフルサイズミラーレス↓
この三機種もボディ内手ぶれ補正搭載だけど、α9は手ぶれ補正5段なのに対し、下の三機種は4.5段という。

というわけで、ソニーも他のデジカメメーカーより割安感があったイメージはだいぶ薄れてきたようです。それでもフルサイズミラーレスのエントリーモデルのα7Ⅱはお値打ちな方なのだろう。次のソニーのフルサイズミラーレス機はα7Ⅱの後継機になるので、それ(α7Ⅲ?)とキヤノン6DⅡを比較検討して購入を決める人が多そう。

キヤノンのデジカメのメモ。9000D,X9i,M6

キヤノンがデジタル一眼レフとミラーレスの新機種を発表していたのでメモ。
 
ミラーレスのM6はM3と比較したときに進化を感じる。M6なのにファインダーはオプションだからM5の下位機種なのか。分かりにくい!
静止画撮影時のボディ内手ぶれ補正こそ見送られたもののそれ以外完成度が高い。
操作性、機動性、レスポンスの底上げは頼もしいしデザインも気に入ってる。
主な仕様↓
○画素約24MP
○RAW14ビット
○AF デュアルピクセルCMOS。コントラストAFではなく像面位相差AFで測距点は49点
○測距輝度範囲EV-1スタート
○ISO感度オート100-6400
○ガイドナンバー5
○動画はフルハイビジョン
○液晶モニターはタッチパネルとチルト可動式
自撮りできるよう可動式だから概ね撮影の自由度は高い。
○質量バッテリーとSDカード含め約390g


デジタル一眼レフは9000DとX9iで、操作性の違いと肩モにの有無で別れる。
ささっと状況を把握し即設定できる操作性は9000Dの方なのでとっさのシャッターチャンスをものにしたい、フラストレーションを回避したいという人は9000Dのほうが良いかな。これだけの違いで価格に1万円の差がでるわけで、この価格差がネック(¯―¯٥)。

両機種の統一された主なスペック↓
○画素約24.2MP
○RAW14bit
○ファインダー視野率95%
○AF ファインダーで測距点45点(オールクロス)、ライブビューはデュアルピクセルCMOS
○測距輝度範囲はファインダーがEV-3スタートでライブビューがEV-2スタート
○常用ISO感度100-25600
○シャッタースピード1/4000~30秒
○動画フルハイビジョン
○液晶モニター、タッチパネル式で3インチ、バリアングル液晶
○撮影可能枚数はファインダー撮影の方がライブビューの倍以上のスタミナがあって、ファインダーで約600~550枚、ライブビューで270-230枚。やっぱりデュアルピクセルだと燃費が悪いなぁーという印象が残る。
○質量 9000Dがボディ単体943g、X9iが485gと8gの差。

んー、デュアルピクセルを搭載してもAFはファインダーの位相差AFの方がレスポンスも良いし暗部にも強いのが仕様から伝わる。像面位相差AFのみのミラーレスだとなおさらその点が気になるところ。

↓旧機種はかなりリーズナブルになってきているし価格差も気にならないレベルに。
新着記事
(05/20)
(05/20)
(01/08)
(10/16)
(10/02)