忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
05 2018/06 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 07

CANON EOS Kiss X3が欲しい

いよいよ発売しますねぇ、CANON  EOS Kiss X3が。
パナソニックのGH1Kと並んでのフルハイビジョン動画撮影機能も搭載してますし、おそらく2009年度一番注目&売れる一眼となるのではないでしょうか。
GH1Kと比較しますと、使いやすさの面ではライブビューにフリーアングル機能が搭載されていなかったりでKiss X3の方が劣っていますが、その他の面ではKiss X3の方が勝っているように思えます。
なにより撮像素子が大きいのが良いです。
撮像素子のセンサーをマイクロフォーサーズかAPS-Cかで比較すれば絶対にサイズが大きいAPS-Cの方が勝ってしまうわけで、本当に精細で綺麗な写真が撮れるかと言う写真の根本的な部分でマイクロフォーサーズは敗北してしまうんですよね。でもその辺をマイクロフォーサーズ側のパナソニックやオリンパスは心得ているから、撮像素子以外の性能の力の入れようは半端なく、使いやすさ・機動性面ではマイクロフォーサーズ側に軍配が上がっているように思えます。特にオリンパスのE30やE620なんぞはフォーカスにツインクロスセンサーを採用するなどして、狙った被写体を確実に捉えれる感じです。

さて、Kiss X3と50Dとを比較してみると、やはり動画以外の面では上位機種で値段も高いだけあって50Dの方が勝っているわけです。
フォーカスは測距点は9点で同じですが、50Dは全点クロスセンサーなので被写体感知の技量は50Dが勝ってしまうわけです。たぶんこのフォーカスの性能の差がKiss X3と50Dとの決定的な差なんだろうと思います。
機動性の面では50Dがボディ単体で730gもするのに対し、Kiss X3は480gと軽量で持ち運びに便利です。
画像処理エンジンは両方ともDIGIC4を搭載しているから同質なのでしょう。だからISO感度のノイズ低減力も一緒なのでしょう。そういう面では普通に風景写真とか撮っている分には両者とも殆ど一緒の写真が撮れるのだろうと思います。
レスポンスは連射スピードで50Dの方が勝っているから50Dの方がストレスなく撮影が行えるのでしょう。

そんなわけで、キレイな写真を撮るという面ではKiss X3より50Dの方が優れているってことになりますが、カメラってのは持ち運びや使いやすさの面でも優れてないと撮れるチャンスが減ってしまうわけで、これからの一眼はキレイに撮れる一眼と機動力・使いやすさに優れた一眼の勝負になっていきそうな気配です。
それはつまり、マイクロフォーサーズVS 撮像素子の大きい一眼 ってことになるわけです。
今までコンパクトデジカメ派だった人の一眼への乗り換え組みをどちらの陣営が取り込めるかに注目が集まりそうな感じですね。
もうすぐオリンパスからもミラーを撤去しちゃったマイクロフォーサーズ機が投入されるでしょうし、その一眼の概念を覆すコンパクトなボディと性能にも期待が集まりそうです。ひょっとしたらボディの重さが300グラム以下になったりして。



あとあと、他のデジカメメーカーがどう打って出てくるのかも気になるところです。

ニコンも今年度中にはフルハイビジョン動画撮影機能を投入してくるでしょう。
ニコンはキャノンよりもレンズで比較して画角が広いですから、その強みを生かしてくるのかもしれません。
レンズが35mm換算で1.5倍と言うのは計算もしやすくて便利だし、キャノンより若干撮像素子が大きいから被写界深度も浅くて良いボケ具合が得られそう。
そうそうニコンの一眼は撮影後にカメラ内で魚眼(フィッシャーズアイ)加工などの加工や補正が出来るのが良いですね。使ったことは無いのですけど、魚眼レンズで撮ったなみに加工出来れば魚眼レンズも買う必要なくなっちゃいますね。


フジフィルムはコンパクトデジカメでは現在最も美しく撮れると言っても過言ではないF200EXRに用いた技術を一眼に転用した機種を投入してきそうな気配です。それが投入されれば、相当な注目が集まるのでしょう。
ネイチャーフォトグラファー必見ですね。

ペンタックスはサムスンと組んで何か仕出かすのか(謎)

そうそう、ソニーはどうするんでしょうねぇ。
ソニーもニコンみたいに画像処理エンジンがそれぞれの一眼で最適化しているとか言う方式を取っているみたいですが、やっぱり革新度が分からないのは画像処理エンジンで判断できなくて困っちゃいます。
そう言えば、ソニーブランドって基本的にパソコンもテレビも他の競合メーカーよりも割高ですけど、デジカメは割安感ありますねぇ。




PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(05/20)
(05/20)
(01/08)
(10/16)
(10/02)