忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
07 2014/08 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 09

うつ病・不安障害と線維筋痛症と慢性疲労症候群の症状がそっくり

たまには、途絶え途絶えのツイッターを見るのだけど、慢性疲労症候群のフォロワーが四六時中リツイートを行っていて、そのエネルギーからどの辺が慢性疲労症候群なのか、僕のほうがよっぽど重症ではないかと実感してしまうのだけど、大量のリツイートのリンク先の記事がうつ病・不安障害と慢性疲労症候群や線維筋痛症(せんいきんつうしょう)の症状がそっくりで驚いた。
 慢性疲労症候群は疲労度が強くて線維筋痛症は疼痛が強いという若干の違いはあるみたいだけど、その他の症状はほぼ同一で、うつ病や不安障害の症状も伴っている様子。しかも、この4つの病気に共通しているのが、不眠と睡眠薬を飲んで寝ても眠りが浅くて長時間きっちり眠らないと日中の生活に著しい支障が出て病状も酷くなるということ。
 というわけで、自分も、慢性疲労症候群や線維筋痛症ではないかと思い込んでしまう始末。
 それで、一番知りたいのは「どうしたら良くなるのか?」ということなんだけど、本当に救いがない。脳ドック検診でMRIやCT撮ったりあらゆる検査しても器質的な症状を引き起こしていると断定できる異常が検知できないらしい。これが現代医学の現状。しかも、CTやMRIはレントゲンより体に負担があるから受けたくない。
 結局、慢性疲労症候群や線維筋痛症の患者は精神科・心療内科を受診して、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬を処方され、精神・神経を落ち着かせて苦しみを緩和させるという対処療法をしているのだとか。つまり、うつ病・不安障害と症状も通院先も処方薬もほぼ同一の様子。
 もちろん、病気も障害も個人差が大きいから、病状が重い人はタイピングするエネルギーも枯渇していて、無理にタイピングしたら関節や腱の疼痛症状が強く出るだろうし、頭の調子も辛くなる一方という具合なんだと思う。
 その他の、治療方法・改善方法はありきたりで、保険適用外だから金銭的に厳しいものばかり(各種サプリとか整体やカイロプラティックといった民間療法など)。
 自宅でできてお金がかからないのはストレッチ・柔軟体操・自律神経訓練法・太極拳・ヨガ・認知行動療法・脱感作療法・筋弛緩法(息を数秒吸いながら体に力を入れて、数秒止めて、脱力しながら数秒息を吐ききるというもの)というのしか分からなかった。

 なんか、2013年の前半は向精神薬(主にベンゾジアゼピン系)の減薬・離脱・断薬というプロセスに取り組んでいたのだけど、それを実行中の時にパニック発作が起こって残遺症状が残りっぱなしの苦痛が頭にこびりついてるので向精神薬にすがるパターンに戻りつつあるし。
 たぶん、もう二度と内海聡や反精神医学のロジックを受け入れることはないと思う。もちろん、内海聡や反精神医学の理論は社会生活をそこそこ送れている健常者の方々(世の大多数)の価値観には共鳴しやすい説得力があると思う。普通の人たちは精神の領域は精神論というモードで生きているし、それが人間の思考回路のデフォルト設計だとも思う。でも精神を司る器官の脳でイレギュラーが起こってしまうと、その思考回路についていけないし、普通の人間たちの思考回路によって構築された社会生活に適応できなくなってしまう。常識的に考えればどれだけ辛くても働かなくてはならないのだろうけど、心身がそれに応えられない。

 世界はどんどん弱者に向ける心の余裕を失っている。だから今、ネットができる環境にある弱者もこの先オンラインに居場所を見つけるのは難しくなってしまうのだろう。
PR

FZ1000の効用

パナソニックからオールマイティーなデジカメFZ1000が発表されたということで、発売前の感想。
 
Panasonic/パナソニック  DMC-FZ1000(ブラック) LUMIX/ルミックス【送料代引き手数料無料!】

Panasonic/パナソニック DMC-FZ1000(ブラック) LUMIX/ルミックス【送料代引き手数料無料!】
パナソニック LUMIX DMC-FZ1000 《7月17日発売予定》

パナソニック LUMIX DMC-FZ1000 《7月17日発売予定》
 パラダイムシフトか自省の末か全然パナソニックらしくない方向転換。もっぱらこの1インチセンサーはソニー製との噂が定着している。そのくらいパナソニックのデジカメ史上珍しい機種。
 ソニーのRX10を凌駕するようなスペックになっている。
 ソニーのRX10は
SONY サイバーショット DSC-RX10

SONY サイバーショット DSC-RX10
 現在11万円強という一般的なデジタル一眼とダブルズームレンズキットよりも高いくらいの価格になっている。
 RX10の主なスペックは撮像素子1インチ/画素2090万/35mm判換算24-200mm(約光学8.3倍)のレンズでズーム全域で開放F2.8/Wi-Fi/チルト可動式モニター 上に84度下に43度/有機ELファインダー/ISOオートで125-6400/撮影可能状況での重量約813g

 一方FZ1000のスペックは撮像素子1インチ/画素2010万/レンズは35mm判換算25-400mmでF2.8-4の光学16倍/Wi-Fi/バリアングルモニター/ファインダー有機EL/ISOオート125-12800/撮影可能状況での重量は831g
 となっている。つまりほとんど重さは変わらないけどレンズの倍率と開放F値が違うのが特徴。
両機種ともタッチパネル操作には非対応なのがかなり残念!
 とはいえ、ボディ内での操作などはパナソニックFZ1000はペンタックスのデジイチ並になんでもできるよう多機能さに気合が入っている。
 今までずっと動画には興味なかったけれども4K動画撮影に対応したFZ1000は動画から静止画をキャプチャーすることができる。だから829万画素という画質として見劣りしない写真を抽出することができてしまう。未来のデジカメはそのうち動画の中からシャッターチャンスに該当する何枚かを自動的に静止画として抽出してくれるようになるのかもしれないし、たぶんそういう機能は近いうちにできるはず。蝶や蜻蛉などの昆虫に野鳥や野生動物にスポーツにと被写体が動きまわって狙い撃つように撮影に苦戦する時代は終わろうとしている。8Kともなれば3200万画素なのでパナソニックは動画目線でデジカメの世界にブレイクスルーを起こそうと試みていると捉えてしまう。
 でも動画から静止画をキャプチャーするというのは、情報化社会の膨大な情報量に飲み込まれて息苦しいので個人的にはこの機能を多用することはないかな。
 
 FZ1000は発売前からRX10より低価格の9万円台に設定されている点も魅力で2014年-2015年の販売台数ランキング上位に食い込むのは間違いない気がする。
 
  最近は付属ソフトはキヤノンの評価が棚ぼたで高いことになっているので、各メーカーは付属ソフトにももっと力を注いで欲しいところ。

何周目かのアンデプレ


  頭が割れそうでまばたきするのも苦しくて辛くて心身動かせずに横になって耐えている日々が続いたので、アンデプレ(一般名トラゾドン)という抗うつ薬が処方された。といっても通常の患者には75-200mg入のところを12.5-25mg入と抑えて処方。なにしろ直ぐに副作用でのたうち回る虚弱さゆえに、精神に届く前に肉体が耐えられない。自分の場合、12.5mgでさえ動悸・頻脈が激しくなる。
 たぶん、心肺機能というか循環器系の機能が相当弱い。ジェイゾロフトやパキシルなどに薬が変われば今度は下痢を一日中我慢して過ごさなくてはならないことになるのだから脳も循環器も消化器系もどこもかしこも虚弱極まりない。デフォルトでセントラル・ドグマの根幹の部分でイレギュラーが起こっているということ。こうなると自分の体と相談しながら万事を進めていくしか他にない。常識的や社会生活など人間が普遍的に当然だと捉えて実行している事柄に則して生きていくことはどんな場面でも不可能になる。他者は誰一人理解を示さず「考え方・気持ちの問題」と精神論をまくし立てるが、一時的にそれらの糾弾に怒りであがらっても身が持たない。孤独を抱えながらも他者の言葉に目くじらを立てないように生きてくしか生きていく方法が無い。
 所詮、人とは自分の想像を超えた症状・苦痛は理解できないのだ。どれほどIQが高い人に話しても理解は得られない。むしろIQが高い人は脳が丈夫で神経が図太く肉体も健全なのだからメンタル失調している人の状態とは真逆で話にならない気がする。
 人間は他の個体に共感できるから集団としての社会を築くことができたというのはある程度までは正しくても、精神障害者に対してはまるっきり見当違いな解釈をして共感よりも拒絶の反応を起こしてみせる。ここに人間という種の限界が設定されている。個々人に当てはめれば器の小ささということになる。極めて精神は二元論的に解釈して精神論として扱う傾向が人間にはある。むしろ、人間は意識が顕在化した有史以来ずっとそうやって生きてきてチョムスキーの言葉を借りればゲノムの領域に精神論が刻まれてしまっているのだろうから修正不能なのが当然で、精神医療に携わり精神障害者の苦しみを理解し寄り添えるだけの能力を持った人が特異なのだろう。

 -------------------
 アンデプレは抗うつ薬の中ではリフレックスと並んで催眠作用が期待されるのだけども、体感としてはゼロだった。リフレックスは本当に睡眠薬よりもちゃんと眠気という感覚がやってきて眠れる。が、一日中眠たいのでせっかく眠った意味がなくなるのが致命的だった。
 アンデプレのメリットはちゃんと抗うつ薬として効くことで頭の苦しみ精神的苦痛は和らげてくれる。パニック発作を常時我慢しているような状態も減る。その代り動悸・頻脈の副作用があるのが問題。
 向精神薬とは血液脳関門を透過するけれども、中枢神経系以外の器官にもばっちり作用し、それが副作用として現れてしまうのが難点。これに耐えられる精神障害者は肉体としては頑丈なのだろう。
 アンデプレの薬理作用はセロトニン5HT2受容体を遮断し、弱い選択的セロトニン再取り込み阻害作用があるという。だから抗うつ薬よりも非定型抗精神病薬に近いように思えるけども、非定型抗精神病薬のセロクエルを飲んだのとは全く違う作用を感じているのでいやはや分からない。
 アンデプレの等価は300しかないらしく抗うつ薬の中でも最弱の部類らしい。
 アンデプレにはチタンやマグネシウムが含まれているので歯の詰め物など金属に過敏になるようでもある。これら様々な副作用は個人差が大きいという説明でアバウトに処理されるのが恒例なのでだいたい話はそこで終了する。

睡眠薬の代わりに(漸次減薬・離脱断薬)

味の素の『グリナ』というグリシン3g入りサプリを飲んでみて、アモバン(苦い)より断然美味しかったので検討中。
効果は睡眠薬も一緒に飲んでしまっているので比較不明。おまけに日中の調子も頭が割れそうなジリジリ感につきまとわれていて、パソコンの起動日の間隔がどんどん広がってゆく。
じゃぁ、なぜグリシンやメラトニンといった睡眠改善サプリを買おうとしているのか。それはもちろん、睡眠薬飲むの止めたいし、うつ病・不安障害(パニック発作有)云々と心身の不調を改善したいから。まったく、眠れないのが嫌というより、日中に頭が割れそうとか頭の線が切れそうな頭痛で苦しいのが嫌。通院すら苦痛で途中で発作で息絶えるんじゃないかとすら思う。

グリシン1kg 【3gぴったり計量スプーン付き】 リッチパウダー

アマゾンで類似製品より安いグリシンがあったので。
睡眠薬はギャバ神経に作用するけど、グリシンはグリシンの神経に作用するらしい。
栄養ドリンクに入ってるタウリンもグリシン受容体にアゴニストするとか。
薬ではなくサプリメントなのでグリシン受容体への親和性は強過ぎ足りしない様子。
レビューも多く評価も高い。
しかし、メーカーによって価格差がこんなに大きいサプリ初めて見た。

グリシンパウダー(1kg)【メール便専用・代引き不可】【送料無料品】

グリシン
パウダー(1kg)【メール便専用・代引き不可】【送料無料品】

↑Yahoo!だと一㌔1009円で送料無料のが!
安いのは嬉しいけど、色々
大丈夫かね。成分・作用・副作用の面で差がないなら良いけど。

Natrol メラトニン 5mg  タイムリリース 100 錠 [海外発送] NAT-185837

Natrol メラトニン 5mg  タイムリリース 100 錠 [海外発送] NAT-185837
 このくらいがリーズナブルで無難かなぁ。


メラトニンが不眠症にはサプリの中で一番即効性があるらしいことが、数々のレビューからが分かるんだけど、日本では発売されていない!これはつまりこの国においては安全性が確立されていないと捉えられるわけで、怖いんだけど。
動物性(動物由来)だとした場合、由来する動物やら抽出部位やらって脳なんだろうけど、想像するとゾッとする。つまり、ぐっすり眠れて目覚めの爽快感とか睡眠薬や他の向精神薬と比較して体感的には良くても、長期的にみて狂牛病、人で言うとクロイツフェルト・ヤコブ病とかの脳や神経の病気発症したらどうしようかと想像してしまう。精神病んでるから尚の事こういったネガティブな思考に限って加速してしまう。
そこで、まぁ一応その辺も確認してみたんだけど、ナトロール メラトニンTR タイムリリースに関しては植物性と書いてあるので抱いているような不安は払拭して飲めるのかなと。
なら植物性・植物由来で日本でもメラトニンサプリ発売すれば良いのに。脳内ホルモン全般がまだ未知の領域だから気軽に発売許可を出せないということだろうか。

 先日、NHKの不眠症改善関連の番組で男性アナウンサーが自ら睡眠薬を常用していると発現していた。5人に1人が不眠に悩み20人に1人が睡眠薬を常用しているのが2014年度の日本の現状らしい。よって有名人でもメンヘラ的なことをカミングアウトしても社会的に許容されつつあるようになってきているのかも。

 しかし、しかし、眠れなくなり年々心身の不調が増して社会性や人間性を喪失していくと何に頼っていいのか、どうしたら良いのか、自分の中の様々な判断基準が揺らいてくる。自分の中にかつてあり普遍的だと思われた物差しは粉砕されてしまった。これだけ抗うつ薬や抗精神病薬を長年飲んだり、色々サプリや心理学的なアプローチや運動療法云々と試してきて悪化しかしていないという成果の無さが経験として蓄積されれば何も信じられなくなる。
 ずっと、何も考えないで瞳を閉じて頭を心臓より下に置いて(横たわってってこと)じっとしていたいっていう閉鎖的な欲求しか生まれなくなる。万物が神羅万象から逃れたい。

 ところで、サプリは向精神薬より副作用もなくて安全なのか?
サプリに記載されている情報は虚偽ではなく真実なのか?表示されている成分や由来は信頼できるのか?
それについて精神科医に聞くと、サプリは薬と違って副さよも無いと思って購入する人が多い昨今の世の中だけど案外健康被害が多いという。しかも睡眠改善サプリでよく眠れるなんってものほど睡眠薬が混じってたりすることもあるとか言い出す。んー、睡眠薬は既に飲んでるからサプリに睡眠薬が混じっててももはや達観した境地ではあるものの、これが事実だとすると益々信じられるものが無い。

パーフェクトタルトチェリー粒3粒×60袋送料込

パーフェクトタルトチェリー粒3粒×60袋送料込

メラトニンは植物系の食品の中ではチェリーに一番多く含まれているらしい。そこで、チェリーから抽出されたメラトニンサプリ。チェリーなら誰でも食べたことあるし、スーパーにも売ってるし安心してしまう。値段もサプリの平均値みたいになっている。

 ホメオパシック スリープ フォーミュラ 90粒(ボタニックチョイス )

ホメオパシック スリープ フォーミュラ 90粒(ボタニックチョイス )

そして、メラトニンに頼らないサプリメントが登場。
ホメオパシーじゃないの。懐かしい。むかし類似品飲んでた。これ、ドイツだったかな西洋だと保険が効くから医師から処方されるとか聞いたことがあるんだけど、そのわりには全然効果実感できなかった。
効果(自然な眠気→入眠→爽やかな目覚め→日中の健全なる精神活動)っていう理想には結びつかなかったけど、副作用も全く無かったからすごく安全なのかもしれない。個人的にはもう買う予定は無いかな。

こうやって、もう迷いだす。
メラトニンで検索してるとこの1,2年でブルーライトカットレンズのPCメガネがズラズラ並ぶようになってる。もうそれって、不眠症とかメンヘラになるから液晶モニター見るなってことだよね。でもIT関連はもちろん、今や世界中で数十億という人が毎日仕事や趣味で何時間もモニター眺めて過ごしていて、たいていの人は不明やら脳の恒常性を保つ中枢に異変を来さずに生活している。そっち側に立ちたかった。

【追記:2014/6/29グリシンの感想レビュー】
全く効いた感じがしなかった。副作用もない。非必須アミノ酸なので虫歯にはならないと思うけど口の中に甘みが広がる。グリシンの受容体はイオンチャネル型ということだから血液脳関門をこのサプリが透過すれば即効性があって爽やかなに自然な眠気がやってきて眠りに就けるはずなのだけども、ぜんぜんそんなことはなかった。日中も調子が良くなるわけではなかった。
 グリナのレビューというか体験談を冊子で見る限りではグリナ最高!ぐっすり眠れて日中も活発に心身が活動するというようなことが多数寄せられているので精神障害者にまでなっていないちょっとした寝付きの悪さくらいの症状の人には効くのかもしれない。効果を実感している方々のレビューをみると、自分が酷い不眠症で頭のブレーカー落ちた精神障害者なのだなということが再確認されて辛いものがある。

RX100Ⅲ欲しい

カメラはソニーって最近のカタログには書いてないけど、ばっちり強気。色々撤退気味だったり赤字出てる中でデジカメへ向かう姿勢は別人のよう。他は仕事だけど、カメラは遊びとかかな。うん、ゲームよりもサクッとできる趣味には違いないけどね。

 というわけで、フルサイズミラーレスα7s
ソニー α7S ボディ [ILCE-7S BQ] 《6月20日発売予定》

ソニー α7S ボディ [ILCE-7S BQ] 《6月20日発売予定》
ソニー 【06/20発売予定】 α7S ボディ ILCE-7S BQ (ソニーEマウント)

ソニー 【06/20発売予定】 α7S ボディ ILCE-7S BQ (ソニーEマウント)
キタムラはオンラインも速くて安いねぇ。
ボディ単体で¥22万強とね。フラグシップって感じ。
と、α7ボディ単体はα7sより10万くらい安くなってるので、マウントアダプターとタムロンのレンズの3点セットという買い方がお得かな。
タムロンのレンズはライブビュー撮影時のAFは顔認証に支障が出るらしいけど、画質は誉れ高いらしい。Eマウントアダプターはソニー以外から出てるのはやたら安いのあるけど、ものすごく不安。以前、リバース買った時に墓穴掘りましたし。数千円だと何にも映らなくても文句言えないとこある。

α7Sは像面位相差が廃止され、1,220万画素に抑えたことで画素ピッチが広がりISO409600のウルトラ高感度を達成。加えて4K動画にも対応とね(ホタルの動画を撮って、クリップして比較明コンポジットとかやってみたい)。検出輝度範囲は-4EVに対応してるから暗闇のほんの僅かな光源に反応できそう。
 4Kとか写真ばっかり撮ってる人には魅力無いのでは?と思ってたけど、知らないうちにビデオカメラ層がデジカメ層になだれ込んでるらしくて動画の画質や操作性に拘るユーザーが増えているっぽい。彼等によるとミラーレスでの動画撮影はパナソニックが優れているらしい。だから被写界深度が深いマイクロフォーサーズは動画撮影に舵を切るのかもしれない。
 -------------------------------------------
 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3 《5月30日発売予定》

ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3 《5月30日発売予定》

RX100M3はCanon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II 光学5倍ズーム F値2.0 PSG1X MARKII
と比較してどっちを購入しようか悩む機種。悩んでるとRX10も頭に浮かんでくる。
早くもキタムラで85500円になってるからG1 X Mark II(約553g)との価格差も数ヶ月で埋まるかもしれない。
RX100M3は 光学式2.9倍24-70mm F1.8-2.8のレンズをコンパクト・軽量(約290g)ボディにレンズバリア式として収納してしまったということは、RX10の後継機RX10M2(仮称)もレンズバリア式でもっと小さくなって新登場となるかも。
タッチパネル操作が出来ないのがちょっと残念。ファストファイブリッドもおあずけ。
それでもチルト可動式モニターは上に180度動くようになって自分撮りが可能になり最短撮影距離も短縮するなど女子カメラの女子力を応援するアーキテクチャが強化されている。
他、ポップアップ式の電子ビューファインダーにNDフィルター、Wi-Fi搭載でIT機器との相性の良さも持ち合わせている。

--------------------------------
ソニー α77II ボディ [ILCA-77M2] 《6月6日発売予定》

ソニー α77II ボディ [ILCA-77M2] 《6月6日発売予定》
ソニー α77II ズームレンズキット [ILCA-77M2Q] 《6月6日発売予定》

ソニー α77II ズームレンズキット [ILCA-77M2Q] 《6月6日発売予定》
ハイアマチュア向けのトランスルーセント機α77Ⅱも発表されてました。
ワイルドでダンディズム溢れる外観。ズームレンズは良いけど、α7より高い...。
像面位相差は無いからファストファイブリッドではなくて、一般的な位相差AFなんだけど世界最多の測距点79点(中央クロス15点)となっている。これが高価な要因かな。

旧機種のα77はズームレンズキットで10万強で在庫が残っているからお買い得。
【送料無料】ソニー / SONY α77 SLT-A77VQ ズームレンズキット

【送料無料】ソニー / SONY α77 SLT-A77VQ ズームレンズキット
SONY α77 SLT-A77VQ ズームレンズキット[新品][在庫あり]

SONY α77 SLT-A77VQ ズームレンズキット[新品][在庫あり]
   NEXT >>>
新着記事
(07/23)
(07/04)
(06/29)
(06/10)
(05/16)