忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
12 2015/01 1 2 34 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31 02

ニコン:デジタル一眼レフカメラD5500のメモ

これはレビューではありません、D5500発表に対しての感想とかメモ的な記述です。

ニコンからAPS-Cデジタル一眼レフカメラD5500が発表されたのでピックアップ。
ようやくのこと、タッチ操作対応になった。像面位相差センサーではなく、コントラスト検出方式だけど従来よりAFは高速化したそうだし、タッチパネルの操作性は随所に工夫され使いやすそうな印象をメーカーの製品紹介サイトからは受けた。この調子で35mmフルサイズでもD5500のようにバリアングルモニターでタッチ操作可能の比較的リーズナブルなモデルを発売して欲しいところ(全てのデジカメメーカーに対して)。
Nikon D5500 18-140VR レンズキット[初回特典:カメラバッグ+8GB SDHC]『2015年2月5日発売予定予約』

Nikon D5500 18-140VR レンズキット[初回特典:カメラバッグ+8GB SDHC]『2015年2月5日発売予定予約』
ニコン 【02/05発売予定】 D5500 18-140 VR レンズキット ブラック (ニコンFマウント/APS-C)

ニコン 【02/05発売予定】 D5500 18-140 VR レンズキット ブラック (ニコンFマウント/APS-C)
ニコン D5500 18-140VR レンズキット ブラック 《2月5日発売予定》

ニコン D5500 18-140VR レンズキット ブラック 《2月5日発売予定》

18-140mm f/3.5-5.6のレンズキットで12万弱になっている。ニコンはレンズキットでも高品質のレンズを出してくるからこのレンズは魅力。このレンズ単体で税抜き7万円もするからD5500ボディ本体より高いことになる。

主な仕様↓
○画素:光学ローパスフィルターレスの約24MP
○RAW:14ビット対応
○ファインダー視野率95%:このクラスに100%を求めてはいけないのかもしれない
○シャッタースピード:最高で1/4000
○ISO 100~25600と割りと普通なので、高感度重視というより被写体はオールマイティーにしている模様。
○測距点39点でクロス9点:これがライブビューで使えたなら絶賛なんだけど
○測距輝度範囲-1~+19EVとちょっと暗部に強い
○モニター3.2インチのバリアングルモニターでタッチ操作可能。タッチ操作に興味ないならD5300で充分かも。
○Wi-Fi対応
○質量:約470gと軽量
○撮影可能枚約820枚でストロボ発光無しなら3110枚も可能。スタミナではデジカメ屈指で予備バッテリー不必要なくらい。ただし、D5500の特徴であるタッチ操作を頻繁に利用すればバッテリー消費は早くなると思うから、この数値は古典的なファインダー覗いて撮る人向けかな。
○RAW現像ソフトはオンライン上から無料でダウンロード

その他、グリップは握りやすくデザイン性も高いので愛着の湧くカメラとなりそう。


APS-Cサイズのデジカメはミドルクラスで画質も操作性も成熟してきているので、あとはフルサイズで応用され、価格設定がどのように行われるか、そしてタイミングはいつかということくらい。

RAW現像は今のところまだタブレット端末へは浸透していない様子。WindowsタブレットではRAW現像できるのだろうけど、スペック的に厳しい感じ。4K、8K時代になるのなら、テレビでRAW現像したいという要望もありそう。ソニーはPS4やレコーダーでそういう機能付けても良いと思う。
PR

水素水って効果あるのかと

水素水生成器であるらしいトリムイオンの日本トリム 電解還元水整水器 TRIM ION(トリムイオン) BCカートリッジ(活性炭)【純正品】≪日本トリム浄水器(還元水)専用カートリッジ≫
。1年持つらしいのだけど、我が家では半年も持たずに交換と(ものすごく使ってるのか)。


なんか、アルカリイオン水と変わらないみたいな記事も目にしてまぁ、自分じゃ判断つかないし、良くわなんないなと。アルカリ性を高めると便秘に効果があるらしいというのも聞くけど、飲んでみた結果、実感なし。水素の効用も実感はないし、メンタルは失調したままだから精神・神経系には効くものって本当に少ないんだなと。
 まぁ、代替医療系関連の情報では活性酸素がメンタル失調にも影響を与えるから抗酸化物質を摂取してストレス耐性を高めましょうな謳い文句が流れてくるパターンが多い気がするわけで、自分もメンタル失調がどんどん悪化して心身が絶不調になってくる悪循環から脱したい思いでビタミンCやらのビタミン剤にミネラルにと摂取したりして色々とサプリも飲んだけど、こお、遠回りの根本療法的な方法だとメンタルにはさっぱり実感が無いね。水素水は抗酸化の筆頭みたいな存在らしく、親が浄水器使ってるものだから、ときおり飲んでみたりするのだけど、普通の水道水よりもぬめる感じがするかなぁという程度。
 そういうわけで、個人的にはメンタルにもフィジカル良くも悪くもない。この主観的な見解だとなんか申し訳ないので、客観的な家族の様子だと家族は両親もメンタルもフィジカルも悪化していないので、トリムイオン水を飲んでるから健康だとも言えるという。両親とも肥満でもガリガリに痩せているわけでもなく、中肉中背で普通の人間の領域に収まっているのでトリムイオン水はダイエット効果が存在するのかもしれなくもない。
 
 ●メンタル失調のとりわけ一般的なうつ病の原因はセロトニン神経にエラーが起こっているとよく聞く。でもセロトニンの約90%以上は腸で作られていて、次いで血液中、脳は2%と言われているから、腸を整えればメンタル失調にも効くという説も聞く。この説に従えば整腸作用のあるトリムイオン水を飲んでいれば最初に胃腸が最適化され腸内細菌も腸内神経群も活発になりセロトニンなどの神経伝達物質もちゃんと働き出して、やがては脳の神経系も恒常性を取り戻しうつ病などメンタル失調症状は改善するはずになる。でも、僕の場合ではそういう効果は得られなかった。便秘なのにパニック発作並みの心身の不調でピーピーの下痢になるというサイクル(過敏性腸症候群)も特に治ってない。腸脳相関的な理屈で言えばヨーグルトなど乳酸菌摂取のアプローチでもメンタル失調は改善するはずだけど、そっちももちろん効果なかった。
 代替医療系はどれも自分のメンタル失調の改善には今のところ役立っていない。だから僕は精神科・心療内科への通院を止めることができない。 僕は普通の常識的な健康のロジックから外れたメンタル失調者なのだ。

 ちなみに、トリムイオン電解還元水整水器は酸性水も作り出せるわけで、それは人間の肌に良いらしく、この弱酸性水で毎日顔を洗ってみてるのだけど、全くニキビとかできないのでお肌には本当に良いのかも。
 一方、禿頭の父はこの弱酸性水を毎晩頭に漬けているのだけど、それによって発毛効果や脱毛予防効果は確認できていない。もし、髪がフサフサになったら奇跡なんだけどね。


↑これが本体。めちゃ高い。よくうちの親は買ったなと。


普通にアルカリイオン水の方は手頃価格。

これ着て精神・神経までリカバリーされたら最高なんだけど

venex(ベネクス)なる初耳のメーカーが出してるリカバリーウェアなる衣類の存在を知ったのでメモ。
驚くべきことにくつろいでいる時間や寝ている時間に着ているだけで神経に働きかけて心身をリカバリーしてくれる効果があるらしい。
 メンタル失調している人ならうんざりするほど耳にする自立神経の話。メンタル失調していると自立神経失調症も患っていることが多くて自立神経が自立してくれないから副交感神経は優位にならずにリラックス不能・不安・パニック症・不眠などの症状に見舞われるし、交感神経もちゃんと起動しないので日中のパフォーマンスが著しく低下して頭が冴えない・体がダル重い・関節も痛いなどの症状が出てきてしまう。
 このリカバリーウェアは夜の副交感神経が優位になる休息状態に対してサポートするように働いてくれるらしい。だから日中の活動時間には着ないのだとか。
 もし、リカバリーウェアがメンタル失調している人にも効果があるのなら、乱れた自立神経の機能が少しでも改善されるはずなのだけど。
 試着はできないし、値段も高いのでもうちょっとレビューが欲しいところ。精神科・心療内科通院中の方でリカバリーウェア着てみたという人の体験・感想があったとして、その評価が高かったら購入を検討する予定。

 今月に入って知ったばかりのリカバリーウェアなる名称。癒やすというとマットレスや枕など寝具しか知らなかったけど、着ていてリカバリーされるのなら、2015年以降大ヒットするのでは。もっと安くピアゴとかユニクロとかそこら中のメーカーから発売して欲しいところ。もうネクスト・パジャマ的ポジションになれるのでは。
 デザインは寝間着というより、普通に外出用みたいになってるから、タンスに入れとくと外出時に間違って着て出かけそうでもあるけど、そういう活動時に着たら眠くなったりするのかな?もしそうならそれはそれで効果があったことの証明になるわけで期待できるんだけど。
ベネクス venex リカバリーウエア リチャージ ショートスリーブ メンズ 半袖Tシャツ/6401/ アンダーシャツ 送料無料

ベネクス venex リカバリーウエア リチャージ ショートスリーブ メンズ 半袖Tシャツ/6401/ アンダーシャツ 送料無料

【NEW】【送料無料】VENEX ベネクス リカバリーウェア メンズ リラックス ロングスリーブT 休息専用 疲労回復 疲れとり首ウォーマー

【NEW】【送料無料】VENEX ベネクス リカバリーウェア メンズ リラックス ロングスリーブT 休息専用 疲労回復 疲れとり首ウォーマー









↑はスキンズなるメーカー製。
こっちもアスリートみたいな日々運動している人が着ている様子。肉体的疲労にはなかなか効果があるらしい。


↓コアってところはパフォーマンスにもリカバリーウェアとしても使えると記載されていた。衣類もハイブリッドの時代なのかと。
価格もちょっと高いシャツくらいになってる。既に科学的に証明されているらしいけど、こんなオールマイティーな代物がこの価格で発売されていて実際に効果があるのならこれで全て解決するということになるのだけど。



こんなに高い靴下初めて見た。サッカー選手とか使ってるんだろうか?

「LYTRO ILLUM」(ライトロ イルム)というデジカメ

「LYTRO ILLUM」(ライトロ イルム)なるデジカメの存在は数年前から噂されていたけど、日本でも加賀ハイテックが取り扱いを開始するらしい。
 ベイヤーでもフォビオンでもなくてレンズに入る光線の束まるごと記録するから、撮影後にピントが自在に設定できるという仕組みのデジカメらしい。被写界深度とかボケ味は撮影の段階では無視して、フレーミングや画角など少ない設定だけのシンプルなスタイルで撮影に望めるし、後で1枚の写真から自在にボケ味や被写界深度を決めれるという。
 リフォーカスと呼ぶらしいけど、最近はパソコンでもタブレットでもフリーのアプリである程度はボケ具合は調節できるけど、ピントがしっかり合っている場所は撮影段階で決まっている。ライトロイルムはその辺のピントが全面的にくっきり合っていればリフォーカスしたときの見栄えもぐっと良くなる様子。

 ライトロイルの主なスペック↓
●撮像素子(センサー):1/1.2 インチ CMOSと1インチよりちょっと大きいのでキヤノンPowerShot G7 XやソニーRX100M3やPanasonic LUMIX DMC-FZ1000と画質では比較の対象になりそう。
●レンズ:35mm 換算:30mm~250mm f/2.0の光学8倍ズームとレンズ性能はハイスペック。F値は固定らしくフィルターで調節するとかシャッタースピードやISO感度を慎重に設定する必要がありそう。NDフィルターが付属するそう。
●画素数:400万画素。情報の処理量が膨大になってしまうので高精細の領域の画素数には至らなかったのかも。
●ISO感度:80~3,200。低感度撮影で威力を発揮しそう。高感度でどれほどノイズ低減が可能なのか注目されるところ。
●記録はJPEGではなく、RAWのみと本格的。リフォーカスに専念するためパソコンと向き合う時間は普通のRAW現像より長期戦になりそう。
●シャッタースピード:32~1/4000 秒
●モニターは4インチとデジカメの中で最大級でタッチ操作可能。
デュアルヒンジチルト(-10~+90 度)なのでちょっと上下に動かせる
●撮影可能枚:約400枚と多め
●Wi-Fi対応
●質量:940g フルサイズデジタル一眼レフカメラ並の重さなので日常持ち歩ける機種ではないかも。

 
 ●今はまだアマゾンでもヤフーでも輸入のしかない様子。しかも旧モデルみたい。
 ●肝心のクオリティについてはよく分からない。
 ●どんな写真が撮れるんだろうと興味本位で買える値段ではないから飛びつきにくい。


LYTRO ILLUM Camera【並行輸入品】

LYTRO ILLUM Camera【並行輸入品】

良いフルサイズはやっぱり高い


ニコンから発表されたフルサイズデジタル一眼レフカメラD750、プロ機ではないけれど、匹敵する高スペック。
ちゃんとWi-Fiもストロボも付いていてDfと違って動画撮影も可能となっていて、省かれたものがない。
液晶モニターもチルト可動式で3.2インチある。ここで、タッチ操作やライブビューの革新的進化があったのなら相当な話題をさらったことだろうけど、そういう目を見張るようなイノベーションは無かった。
測距輝度範囲は-3EVに対応しているし、画素も約24MPとなっていて、オールマイティーなシーンで活躍できる代物で完成度が高い。どんな被写体や撮影条件でもありのままに撮れそう。
APS-Cのデジタル一眼レフカメラからのステップアップとしては扱いやすさも最適かもしれない。
でも、結局、良いね!っていうカメラはそれなりに高い。


D600レンズキットはだいぶ安くなってるけど在庫はほとんどない感じ。新品でα7並に安い今がラストチャンスかも。


D610も落ち着いてきてる。
   NEXT >>>
新着記事
(01/20)
(01/05)
(11/28)
(11/12)
(10/30)