忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
01 2018/02 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 03

FZ1000の効用

パナソニックからオールマイティーなデジカメFZ1000が発表されたということで、発売前の感想。
 
Panasonic/パナソニック  DMC-FZ1000(ブラック) LUMIX/ルミックス【送料代引き手数料無料!】

Panasonic/パナソニック DMC-FZ1000(ブラック) LUMIX/ルミックス【送料代引き手数料無料!】
パナソニック LUMIX DMC-FZ1000 《7月17日発売予定》

パナソニック LUMIX DMC-FZ1000 《7月17日発売予定》
 パラダイムシフトか自省の末か全然パナソニックらしくない方向転換。もっぱらこの1インチセンサーはソニー製との噂が定着している。そのくらいパナソニックのデジカメ史上珍しい機種。
 ソニーのRX10を凌駕するようなスペックになっている。
 ソニーのRX10は
SONY サイバーショット DSC-RX10

SONY サイバーショット DSC-RX10
 現在11万円強という一般的なデジタル一眼とダブルズームレンズキットよりも高いくらいの価格になっている。
 RX10の主なスペックは撮像素子1インチ/画素2090万/35mm判換算24-200mm(約光学8.3倍)のレンズでズーム全域で開放F2.8/Wi-Fi/チルト可動式モニター 上に84度下に43度/有機ELファインダー/ISOオートで125-6400/撮影可能状況での重量約813g

 一方FZ1000のスペックは撮像素子1インチ/画素2010万/レンズは35mm判換算25-400mmでF2.8-4の光学16倍/Wi-Fi/バリアングルモニター/ファインダー有機EL/ISOオート125-12800/撮影可能状況での重量は831g
 となっている。つまりほとんど重さは変わらないけどレンズの倍率と開放F値が違うのが特徴。
両機種ともタッチパネル操作には非対応なのがかなり残念!
 とはいえ、ボディ内での操作などはパナソニックFZ1000はペンタックスのデジイチ並になんでもできるよう多機能さに気合が入っている。
 今までずっと動画には興味なかったけれども4K動画撮影に対応したFZ1000は動画から静止画をキャプチャーすることができる。だから829万画素という画質として見劣りしない写真を抽出することができてしまう。未来のデジカメはそのうち動画の中からシャッターチャンスに該当する何枚かを自動的に静止画として抽出してくれるようになるのかもしれないし、たぶんそういう機能は近いうちにできるはず。蝶や蜻蛉などの昆虫に野鳥や野生動物にスポーツにと被写体が動きまわって狙い撃つように撮影に苦戦する時代は終わろうとしている。8Kともなれば3200万画素なのでパナソニックは動画目線でデジカメの世界にブレイクスルーを起こそうと試みていると捉えてしまう。
 でも動画から静止画をキャプチャーするというのは、情報化社会の膨大な情報量に飲み込まれて息苦しいので個人的にはこの機能を多用することはないかな。
 
 FZ1000は発売前からRX10より低価格の9万円台に設定されている点も魅力で2014年-2015年の販売台数ランキング上位に食い込むのは間違いない気がする。
 
  最近は付属ソフトはキヤノンの評価が棚ぼたで高いことになっているので、各メーカーは付属ソフトにももっと力を注いで欲しいところ。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(01/08)
(10/16)
(10/02)
(09/11)
(08/21)