忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
09 2017/101 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

6/26ソニーのデジカメ メモ

ソニーからフルサイズミラーレスのα7R II、ハイエンドコンデジのサイバーショットRX100 IV、RX10 IIが国内でも発表されたのでメモ。
 なんで日本のメーカーなのに海外発表を先にやってるのかよく分からないんだけど。

 ●α7R II はα7R にボディ内手ぶれ補正機能が搭載された後継機と言うと簡単だけど4K動画撮影も可能になったりと、全体的に進化している。スペックが大幅に向上したのに比例して価格もボディ単体で40万円を超えてくるという高額な代物になってしまっている。
 
 ●ソニーはコンデジでしか裏面照射型CMOSセンサーを搭載してこなかったけど、ついにα7R IIでは裏面照射型CMOSセンサーになってる。しかも約42MPという画素数。このカメラを活かすにはハイスペックなデスクトップPCやモニターが必須になりそう。
 ●こんなに高画素なのに5軸のボディ内手ぶれ補正によって手ぶれ補正効果は4.5段。これならα7sⅡの手ぶれ補正効果は5段も余裕で活けそうな気がする。
 ●フォーカスはコントラスト検出方式と像面位相差式をセンサーに組み込んだファストハイブリッドAF。像面位相差AFは399も測距点があるとか。
 ●標準ISO感度はISO100~ISO25600。裏面照射型CMOSセンサーの実力や如何に。
 ●582gのボディ。
 ●検出輝度範囲が-2EVにまで対応している!抜かりない。
 ●4Kの情報は今ひとつ分からなかった。APS-Cの部分を使用するらしいから、1.5倍望遠になるのかな。4Kフォトについても分からなかった。
 
 これって、プロ機なのかな。たぶんそうだね。今のところレンズキットじゃないしね。

-------------------------
○サイバーショット DSC-RX100M4
こっちは、4K動画撮影に対応したところと、センサーが積層型(従来の裏面照射型CMOSセンサーより5倍以上読み出し速度が上昇しているらしい)という種類にチェンジしたのが特徴のようす。ツァイスのレンズの付加価値ゆえかプレミアムな価格。
サイバーショット DSC-RX100M4
ソニー Cyber-shot DSC-RX100M4 《7月31日発売予定》

ソニー Cyber-shot DSC-RX100M4 《7月31日発売予定》
価格:116,520円(税込、送料込)


レンズは24-70mm F1.8-2.8なので、4Kや積層型センサーのレスポンス向上にこだわらなければRX100M3でもいいかな。でも旧機種は現状、そんなに値下がりしてない。

------------------
○RX10 II
こっちもレンズは一緒でF2.8の24-200mmだからレンズ性能と価格でみれば旧機種の方がちょっと安くてお買い得。
スペックはRX100M4と共通する点が多いけど、4K動画の撮影時間が長いのが特徴かな。
ソニー Cyber-shot DSC-RX10M2 《8月7日発売予定》

ソニー Cyber-shot DSC-RX10M2 《8月7日発売予定》
価格:155,400円(税込、送料込)


-------------------------
というわけで、3機種ともお高くて4K動画撮影が可能で、全部モニターがチルト可動式で、タッチ操作は非搭載でした。コンデジのハイエンド機の方はレンズに変化なかったので静止画オンリー派にはマイナーチェンジに映ってるような。
 この価格ならα7やα7Ⅱに行くかなぁ。G3 Xにも興味津々。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/16)
(10/02)
(09/11)
(08/21)
(07/01)