忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
09 2017/101 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

富士フィルムGFX50sのメモ

富士フィルムが中判ミラーレスデジタルカメラGFX50sを発表したのでメモ。

これで現時点において画質はミラーレス機最高峰となるだろうから、三脚を用いて静止画を撮影する人のニーズになるかなと。高価だから使うのはプロとセレブなハイアマチュアに限られてしまうのだろうけど。

主なスペック
○画素51MP
○撮像素子43.8mm ✕32.9mm
○マウント 富士フィルムGマウント
○ISO100-12800 拡張で102400まで
○手ぶれ補正はレンズで対応
○連写3/1秒
○AFはコントラストAFで測距点117
○ファインダー EVF0.5型369万ドット、脱着式。オプションのチルトアダプターを購入し装着するとファインダーが可動式になる。がこの金属製品、価格はけっこう高いぞ!ぶら下げて持ったりできる耐久性があるのだろうか!!?
○液晶モニター:3.2インチ チルト可動式タッチパネル
○動画 フルハイビジョン
○Wi-Fi対応
○撮影可能枚数約400
質量ボディ単体740g、バッテリーやEVFを含むと920g



↓Gマウントのレンズラインナップは今のところ3本
35mm判換算だと約0.8倍になるので
32-64は35mm判換算で25-51


単焦点レンズの63mmは35mm判換算50mm


120mmは35mm判換算95mm


ペンタックス645Zより軽量というのがライバル機として比較した時の一番のアドバンテージになるのかも。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/16)
(10/02)
(09/11)
(08/21)
(07/01)