忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
09 2017/101 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

キヤノン フルサイズ一眼レフ6Dm2のメモ

キヤノンから6Dの後継機6DM2が発表されていたのでメモ。
バリアングル液晶でタッチパネル式なのとデュアルピクセルCMOSAFが搭載されたことが大きな進化かな。
他、GPS内蔵、ブルートゥース対応、常用ISO感度40000対応、位相差AFはオールクロス45点。

↓○主なスペック
●画素 約26MP
●ファインダーAF 測距点45
●測距輝度範囲 EV-3から18

●測光の輝度範囲はEV1-20とここは平凡
●常用ISO感度100-40000、最高102400

●多重露光2-9枚
●シャッタースピード最速1/4000秒

●ライブビューAF デュアルピクセルCMOS
●測距輝度範囲 EV-2.5-18
●測光範囲 EV0-20

動画はフルハイビジョンでライブビューの機能とかぶってる感じ(動画には興味が乏しい)

●液晶モニター タッチパネル 3インチ
●質量 約ボディ単体685g バッテリーとSDカードを含めると約765gだけどフルサイズのデジタル一眼レフカメラの中では世界最軽量らしい。
●おおよその撮影可能枚数 ファインダーで1100-1200枚
        ライブビューで340-380枚





-------------------------------
常用ISO感度40000というのがどのくらいの画質を保てるのか、デュアルピクセルAFの精度はファインダーの位相差AFと比較してみてどうなのかというところが気になる。



キヤノンはレンズが充実しているのが羨ましい。しかもリーズナブルだし高品質らしい。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/16)
(10/02)
(09/11)
(08/21)
(07/01)