忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

パソコンは事務作業が出来ればそれでよし。

☆デジタルネイティブなんかに備える必要なし!
 
 新聞にデジタル・ネイティブたちに備えるべしとの記事が掲載されていた。
 記事は団塊世代向けに書かれたもので、現在の40代以下くらいのデジタル・ネイティブ世代(現在の小学生・中学生あたりはデジタル・ネイティブ第二世代と呼ばれるようだ)は、ネット上で検索もショッピングもSNSもTwitterも問題なく使いこなせるが、団塊世代はそうではないから時代から取り残され、若者から嘲られてしまうと警告している。
 この記事を読んでそんなことは全くもって杞憂だから大丈夫だと言いたくなった。
 ネットなんって別にできなくても生きて行くのにそこまで必要じゃないのが現実だ。もちろん、携帯とパソコンは所有していてある程度は使いこなせないと第三次産業では雇ってもらえないかもしれない。しかし、ネットはメールと検索が使えれば人生の問題には直面したりしないのではないかと思う。むしろ、SNSにTwitterにブログにアフィリエイトにネットショッピングにとネットの深いところへと手を広げて行くにつれて、現実を真剣に生きる力を削がれてしまうように感じる。だから主体的に必要性を持ってネットに接する(例えばIT企業の人のようにビジネスのためにネット上のサービスを利用)のならば良いが、興味本位やみんながやってるからとか情報に乗り遅れないようにとの思いからネットにのめり込むのは進めない。なにしろ自分がこの後者であり、現実をしっかり生き抜く力を喪失しているのだから。なんとなくでネットにのめり込むと流されるだけであり、それは経験豊富な団塊の世代の方でも変わらないだろう。定年退職後に、ネット上でのコミュニケーションや情報収集も制御して行わないと人生の路線を踏み外すことになる。デジタル・ネイティブに追従する必要性などないのである。
 おそらく、一番危険なのは興味本位でリンクを辿って行く事で、気が付く間もなく罠にかかりスケープゴートとなりうる。
 
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/16)
(10/02)
(09/11)
(08/21)
(07/01)