忍者ブログ

現実RAW

深淵の脈動
09 2017/101 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

デジカメのメモ:ニコンD5とD500など

オリンピックイヤーということもあって、ニコンからフラグシップの最新機器D5とAPS-CクラスのD500が発表されたのでメモ。

ボディ単体で60万円超えてる・・・・・・(・o・)
XQDとCF用の2タイプがあり、両機種ともデュアルスロットとのこと。
XQDというメモリーカードは聞き慣れないですが、コンパクトフラッシュの高速性とSDカードの小型のいいとこ取りしたようなメモリーカードらしいですね。RAWで連射撮影する方には超快適に使えそうな感じだけど、今のところコンデジ並の価格ですし、高額過ぎるのでは。まさにプロの世界。
スペックはほぼ割愛しますが、ISO3280000に対応しているとのこと。撮像素子の質に加えて画像処理エンジンもMRJ飛ばせる領域の技術搭載してそうですね。(*^^*)
なんだろう、ソニーのα7R IIやα7sⅡが安く見えてしまう。
↓D500
こちらも一見さんお断り的な代物で(お断りじゃないけど入門レベルじゃないの意)。
ISO 1640000まで対応しているとのこと。常用は51200だそうです。2088万画素の撮像素子はローパスフィルターレスであるらしく、APS-C機としては理想的に。
その他、スペックも完全体で欠点がまるでない仕上がりなっている様子。
D300系の後継機ということかな。
液晶モニターはタッチ操作対応、3.2インチ、236万ドット、チルト可動式。
XQDとSDカードのデュアルスロットなので両方のカードが使えてD5より敷居が低い設定らしい。
測距点153点、内クロス99点、測距輝度範囲-4EVに対応。
プロのカメラマンはニコンを絶賛するわけですよ。

---------------------
手が届かないデジカメについて書いていても虚しいので、無難なLX100を。
フィルター径43mmのプロテクターと自動開閉式レンズキャップも購入して装着しておけば、レンズキャップの取り外しの手間やレンズへの埃やスレ等を気にせず使えそう。
でも、ただでさえコンデジにしては出っ張ったレンズ周りがさらに出っ張るわけで、スリムさが損なわれるという。
だが1インチのハイエンド機よりも大きな4/3インチのセンサーを搭載しているというメリットは魅力溢れる。
後継機はモニターを可動式かつタッチ操作対応にして欲しいけど、これ以上大きく重くならないで欲しい。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/16)
(10/02)
(09/11)
(08/21)
(07/01)